商品番号 NO 2A-115      


 臨済宗 相国寺
       維明周奎 梅画賛               売約済み                                                     


維明周奎


  江戸後期の臨済宗の僧。相国寺百十一世。
  名は周奎・大奎、羽山と号する。
  伊藤若冲に画を学び、殊に墨梅を得意とする。
  夏目漱石がその墨梅を欲しがったと言うが
  手に入らなかったと言う作品です。
  文化5年(1808)寂、78才。


  絹本 巾 33.0cm  高さ  97.0cm 絹装
  総丈 巾 45.0cm  高さ 183.0cm 合箱

       本紙時代なりにヤケ。
       表具天地に多少傷みあり。

            

  

無地杉箱