商品番号 NO 1A-94

                  

近藤浩一郎 筆
水墨山水図

価格(税別) 40,000円


近藤浩一郎 (1884-1962)


  日本画家。名は浩、別号に柿腸。和田英作に師事
  1884年(明治17年)に山梨県南巨摩郡睦合村(現南部町)に
  裕福な家庭に恵まれ医者になるよう期待されていたが、
  浩一郎本人は文芸誌への投稿や俳句などにのめり込んでいき、
  20歳で東京美術学校西洋画科に入学した。
  在学時代は西洋画を主に学んだが、水墨画や文芸活動にも手をだし、
  卒業後は友人の藤田嗣治らと水墨画や漫画の展覧会を主催するなどしていたが、
  結婚を機に読売新聞社に就職し、政治漫画や挿絵を担当することになる。
  夏目漱石の「坊ちゃん」の新潮文庫版に挿絵を描いているが、
  ほのぼのとした表現で見るものを微笑ませ、のち水墨画に転じる。
  日本美術院同人となり、脱退後日展会員となる。
  昭和37年(1962)没、78才。

   紙本 巾 29.5cm 高さ 139.0cm 絹装
   総丈 巾 44.0cm 高さ 223.0cm 合箱・象牙軸

    本紙にごくわずかな薄い点シミ部分的にあり。
      (まったく目立ちません)

桐合箱


部分拡大